1分間のしょぼイイ話 「人生最初の記憶」

Pocket

20131121_1

そんなこんなで、今回はお役立ち話の用意がなく(いつもだろ!)
思いつくままのしょぼ話を書きたいと思います。

あなたのいちばん古い記憶ってなんですか?

わたし人の昔話が好きなんです。
事件や武勇伝じゃない、日常のささやかすぎるエピソードほどツボです。
当時のかわいい姿を想像して萌えてテンションあがります。
ちょっとゆがんだ趣味のような気もしますが…

ブリッジワンの面々に聞いてみました。

すずきアイコン小
 鈴木
「保育園でお昼寝のとき、おフトンに隠れてじゅんくんとちゅーした」

んまーっ。
ケッ!て感じですが(でもちょっとうらやましい)、本人的にはカワイイ思い出。

こばやしアイコン小 小林
「ボーっとしてて帰りの幼稚園バスから降り忘れたら
 みんなにからかわれて、帰ってこたつの中で泣いた」

幸せな気分で窓の景色を眺めてて気づいたら誰もいなかったそうです。
いいわー。

すぎはらアイコン小
 杉原
「保育園がイヤでイヤでイヤすぎて、1日中泣いていた」

人見知りで友達もいなくて、ひたすらわんわんシクシク泣きどおし。
保育士さん「こっちが泣きたいっつーの」って思ってたかもね。

いりえアイコン小
入江
「3、4才のころ、おさなじみと一緒に彼の妹をいじめてよく怒られた」

オイなんて子だ。
あ、自分のお兄ちゃんにいじめられてたストレスですかあ~(= ´ σ3`)

身近な人ほど、おかしかったり意外だったりして、ほのぼの楽しいですよ!
家族や飲み会のちょっとした話題にいかがですか~。

くねしたアイコン小
久根下

20131121_2

20131121_3

20131121_4

20131121_5

20131121_6

20131121_7

もちろんこんな達者に考えてるわけないんですが、
言葉をつけ足すとこんな感じですかね。

おもしろい昔話をお持ちの方、どしどし教えてください!
久根下が個人的に楽しみます。

この記事を書いた人

久根下
久根下
久しぶりに根っこの下から這い出してきたくねしたです。地上では黒板・室名札を担当しています。お役立ち度ゼロのラクガキ記事ですが、ブリッジワンに親しんでいただければうれしいです。 久根下の書いた記事一覧